NEWS

2020.11.25

持続可能で強い農業の実現に向けた津山地域版「農業ビジネスモデル」の核として設立。

持続可能で強い農業の実現に向けた津山地域版「農業ビジネスモデル」の核として設立。津山圏域定住自立圏(津山市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町及び美咲町)の農産物(主に米、麦、大豆、ぶどう)、加工品を取り扱う。法人形態を株式会社とし、津山市と津山信用金庫が出資している。